当サイトは『人気の国内の旅行先に関する情報のまとめ』となっています。

国内の島巡りの旅行がしたいがどこがいいのだろう?島旅行でおすすめなのはずばり瀬戸内海の島

日本国内にはたくさんの離島があります。離島への旅行に行きたいがたくさんありすぎてどこに行ったらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?今回は四国は香川県の瀬戸内海に浮かぶ島々を紹介したいと思います。アクセスは抜群で大変魅力的な島々です。

そのなかでもおすすめの島をいくつかあげたいと思います。

■四国への旅行の際はJALの格安航空券で!
■JAL航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com
■URL:https://www.soratabi.com/jal/

小豆島

瀬戸内を代表する島と言えば小豆島です。「二十四の瞳」は小豆島が舞台となっています。小豆島へは香川県の高松、岡山、関西から船で1時間程度で行くことができアクセスは抜群です。乗船代も1000円以内で(車を除く)便も一日に何本もあります。

小豆島

気軽に行くことができるし、宿泊施設もたくさんあるので1泊2日くらいでもおすすめです。島の人口は多く、バスなんかも通っているし、スーパーマーケット等のお店も充実しているので不便さはありません。しかし本土とは違う時が流れていて、自然豊かで別世界にいる気分になれます。

小豆島のおすすめスポットは寒霞渓という全国的に有名な紅葉が見れれるスポットやエンジェルロードという干潮の時間帯のみしか歩くことができないという島へ続く砂浜の道があり、恋人と歩くと願いがかなうと言われています。食べ物では小豆島ラーメンというのがありますが、ちょっと始めてみたというレベルではなくかなり本格的な味で絶品です。

岡山にも出店していますが行列店になっています。

直島

アートの島といわれていて、島内にはあらゆるところに芸術作品が置かれています。瀬戸内国際芸術祭の中心的存在の島です。島内に置かれている芸術祭は基本無料でみることができます。島自体がここ数年でどんどん開発されすごくおしゃれな感じになっていて、おしゃれなカフェなんかもあり、若者の移住者も多いです。

美術館もあります(有料)。島民はあたたかくとても過ごしやすい島です。直島も高松、岡山、関西から船が出ています。他にも瀬戸内にはたくさんの魅力的な島があります。ぜひ行ってみてください。